悩んだら、まず最悪の事態を想定する

困ったことや、悩むことがあったら、早くそこから抜け出したいと思うでしょう。

しかし、今漠然と何かが怖いので、その怖い正体が見えていません。

人間誰しも、怖い正体を見たくないところはあるので、そこから目を背けて逃げ出したいと思うのですが、しかし、そうなると具体的な行動が見えなくなる。

ただ逃げる、ということでは問題が解決しないので、また同じことが起こる可能性もある。

なので、ここはいったん、最悪の事態を想定します。

それで最悪、どうなるのか?

いろいろ困ることがあるでしょうが、その悪いことが引き起こすことを考えてみる。

考えてみて、書き出してみましょう。

そうなったらどうなるか。

書き出し終わったら、それを眺めて、もしそうなったら、それは受けいれよう、と覚悟を決めます。

この覚悟が大事です。というのも、そこで脳にスイッチを入れるためです。

これは良し受けいれよう、と自分で自分に言ってください。

そのとき、脳にスイッチが入ります。そして同時にすぐ活動を開始します。

では、こうならないために、何かできることはないのか?

新しい紙を出して、最低10個書き出しましょう。

人に相談する、というのであれば、誰に相談するかも考えましょう。

とにかく大事なことは、「行動する」のです。

脳は、ピンチを解決するために、行動するために、フルに活動します。

10個以上書き出せるのなら、どんどん書き出してください。書き出せるということは、すでに脳が動き始めているから、書き出せるのです。

続いて、この中で、まずできることを考えます。

順番をつけましょう。

良く、ここで大事なことから、という話が出ますが、大事なことは、なかなか動き出せないことが多いのです。まずすぐできることから始めます

メールやラインで、人と会う約束をする、でも良いでしょう。

実家に帰る電車の予約をしてもよいかもしれません。

すぐ帰れるな、と思ったら帰っても良いのです。

とにかくすぐ行動します。

そうすると、そこで実績が出来ますから、脳は次のことに動いていきます

次に何をやるか、段々見えてくるかも知れません。

この時点で、起こる最悪のことを書いた紙は破って捨ててください。

これもまた、脳に刺激を与えるので、さらに活動が活発化します。

あとは、この「できることリスト」にしたがって、活動をしていくと、「できることリスト」が自然に増えていきます。

脳が活動しているので、ここに集中すると、ペンが動くでしょう。

大事なポイントは

1)脳にスイッチを入れる
2)できることを書き出して、簡単なことから始める
3)できることリストを増やす

脳にスイッチをいれるために、起こる最悪の状況を予想し、受けいれ、そして、それが起きないために何をするかを考え、最悪の状況を書いた紙を破り捨てるのです。

これが陽転のメカニズムです。

で、達人達は、こんなことをすべて脳でやってしまうので、すぐに気持ちがポジティブに変わります。

ただ、最初のうちは、そうでもなかったはずなので、やはりそれなりに自分で解決方法を考えているうちに、だんだん練れてきて、即座に変わる方法を身につけたのでしょう。

脳にスイッチを入れる方法はいろいろありますが、脳が活動を開始すれば、それなりにいろいろなことができることがわかるので、あとはあなたの力を引き出しましょう。

実はあなたには凄い力が潜んでいるのがわかるでしょう。

これが潜在能力なのです。