時間をおく

どうも、うまくいかない、と思うことは多々あります。

で、すぐに手を打つ、という方法もあるのだけれど、ちょと間を置く、という手もあります。

まあ、その間にふつふつと、いろんな思いが出てくるでしょうが。それは放置。

あまり気に掛けないようにする。

そして、ある日、「よし、行こう」で、再スタートを切りましょう。

再スタートしたら、いろいろ動く。一気呵成に動く、というので良いのです。

実はしばらく間を空けている間に、いろいろなアイデアが脳にできていることがおおく、それが次々と出てくるから、一気呵成に動ける。

その間、ちょっと時間をおいておくのが、脳からアイデアを引き出すコツです。

被災

元旦早々、大変な地震が起きました。

被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

この後に言葉が続かない。がんばってください、は確かにそうかもしれないが、でも、苦しさは人それぞれで安易に言葉にできないところがあります。

きっと、どうして自分たちがこんな目に遭わなければならないのだろう、と思われるかもしれません。

これは「別に理由」はありません。神が試練を与えた、わけではありません。能登で地震が起きたのは、たまたまそうなのです。

だからそれに理由をつける必要はないのです。東日本大震災も、神戸淡路大震災もそう。関東大震災だってそうです。日本は複数のプレートの接合部分にあり、プレートが沈み込んでいる部分に近いので、いつでもそういうことが起こりやすい。

だから長い時間をかけて、対策をしてきたが、それでも自然にそう太刀打ちできないところもあります。

被災は確率の問題で、たまたま起こるのです。

ただ、そこから立ち直る、再建に向けて活動するのは、人間の意志です。

原因に理由付けをすることはありません。ただ、生きていくために、再建しよう、で良いのです。

理由付けで心を痛めないでください。

日本人だれでも、そういう経験をすることがありえる。ただ、立ち直るのは人間の力です。

そこを強くすることが、大事ですが、まだ余震が続くでしょうから、すぐに動けないのは当たり前。まずはじっくり構えましょう。病気になりやすいですから、心を病にやられないように、してください。

復活の気を今は養いましょう。

思いを書き出す

実際に、いろいろな悩みがあるわけですが、しかし、本当のところ、何が苦しいのか、何が問題なのか、わからずに苦しんでいる場合もあります。

ですから、自分は今、何が苦しいのか、一度文章にしてみると良いのです。

箇条書きで構いませんが、大事なことは、紙に書くということ。

これをパソコンで打っても、ある意味同じな部分があるのですが、どうも、脳は自筆する方の反応の方が良い、ようです。

この原因を推察するに、光の問題ではないか、という研究者がいます。

デジタルのデバイスは、そのほとんどが自分で光を放射していますから、人間の目は放射光を見ています。

一方、紙に書く場合は、放射光ではなく、反射光で見ていますから、そちらの方が人間にとって自然なのです。

古代で、放射光は太陽しかなかったわけで、太陽に向かって何か考えられるか?というと、まぶしくてそんなことはできない。

つまり、脳は放射光には、あまり反応しない。しかし、反射光にはこれまでも長い間、反応しているので、だからプラスになるというのです。

まあ、一理ある仮説だとは思います。

で、結果を得るために、紙に書いてみましょう。

これはいろいろなときに使えます。

例えば、必要な行動を考えるとき、これも紙に書き出していく。

数に制限をかけず、何でも書くのです。

この何でも書く、ということは、脳を働かせる一番の行動です。そうすると、脳はいろいろ振り絞ります。

そして、しばらく置いて、もう一度その紙を読んで見ると、自分の考えが整理されていることに気が付きます。

何が問題なのか、何に苦しんでいるのか。

あとはそれをどう解決するかですから、今度もまた紙に書き出してみてください。

つねに紙に書き出す癖をつけていると、どんどん頭の中が整理されてきて、自分が何をやるべきか、次の行動もはっきり見えてきます。

見えたら、躊躇なく行動しましょう。

悪いことが起こるから、成長するという論理

陽転できれば、実は悪いことが起こると、より成長できる、ということになります。

実際に、無難に生きていると、別に、苦しいことはないから、何かを変えようとか、あまり考えない。

人間、実は保守的なので、特に問題がないのなら、それでいいじゃないか、と考えがちです。

でも、確かに時代は変わっていくので、良かったことが悪くなる。

例えば今の自動車産業がそうでしょう。

日本の自動車産業は、これまでの日本の産業をリードし、改革、改善をずっと続けてきました。

しかし、今は電気自動車の時代になろうとしています。これは、本当にそうなるか、と言われるとまだ不透明なところはたくさんあります。

例えば充電池の問題、あるいは充電施設の問題。また電気自動車で大きな車がまだ作れないという問題。

一方、温暖化の問題はやはり大きい。このまま行くと、日本も亜熱帯になってしまうのではないかと思われるほどです。

だから日本の自動車産業にとって、これは大転換機になる。

しかし、これで早く切り替えができて、今の電気自動車の課題を日本の自動車産業が打ち破ればチャンスが到来します。

逆に、電気自動車の時代は来ないよ、と高を括っていると、大失敗になってしまう場合もあり得る。

いやいや、そんなに簡単に産業の転換なんてできませんよ、という声はたくさん聞こえていますが、さてそうでしょうか?

悪いことが起こっているのは、チャンスなのです。ここが躍進のチャンスである、ということはぜひ心に刻んでおきましょう。

ぎゃーと言って走り出したくなるような失敗

みなさん、後で思い出して「ぎゃー」と言って走り出したくなるような失敗をしたことはありませんか?

私はたくさん、あります。

もう結構長く生きてきましたから、数えられないかもしれない。

それでも、時々思い出して、それこそ「ぎゃー」と心の中で言っています。

でも、そういう失敗があるから、成長する部分はある。

あれは失敗だったから、今度はこうしよう。

もうあれはやらないで、こっちで勝負しよう。

そういう風に成長していくのです。

で、失敗の度に落ち込むことはあるでしょうが、そこから学ぶことを多くすれば、これは儲けたといっしょ。

成功者が運が良かったと言っていることと同じになります。

だから、それも成長の糧とすることにしましょう。

でも、あとからやっぱり「ぎゃー」と言いたくなりますが・・・。

人がどう思っているか、気になる

人がどう思っているか、気になることがあるかもしれません。

これは、本能によるものですが、やや後天的な本能とも言えます。

人間は集団を創って生きるようになってきました。

したがって、生物単体として生き残る本能を元来持ち合わせているわけですが、しかし、社会の中でも生き長らえないといけなくなったので、そこに頭を働かせることが後天的な本能として生まれてきたわけです。

だから、人がどう思っているか、気になるのは当たり前です。

むしろそれがないと生きていけない、というところもあるかもしれません。

が、一方でそれでガチガチになってしまうこともあるでしょう。

ひとつ覚えておかなければいけないことは。

人の気持ちをコントロールすることはできない

ということです。

人が何をするか、どう思うか、自分の力で変えられることはまずありません。その人が自分の考えを変え、行動を変えない限り、変わらないのです。

なので、自分が人をコントロールできるとはまず思わないことです。

そうすると、「自分のできることに集中する」ことができるようになります。

人をコントロールできないのだから、人がどう思うか心配しても、自分でできることはない。(もちろん社会的なルールを守るということは必要ですが。)

だから、自分のできることをやろうと思えば良いのです。

自分はどうなりたいのか、自分はどうしたいのか、そこに気持ちを集中させることで、人がどう思っているかという不安は少しずつ消えていきます。

ここは、自分のメンタルを創る上で大事なポイントです。

自分が出来ることに集中する

これを忘れないでください。

悩んだら、まず最悪の事態を想定する

困ったことや、悩むことがあったら、早くそこから抜け出したいと思うでしょう。

しかし、今漠然と何かが怖いので、その怖い正体が見えていません。

人間誰しも、怖い正体を見たくないところはあるので、そこから目を背けて逃げ出したいと思うのですが、しかし、そうなると具体的な行動が見えなくなる。

ただ逃げる、ということでは問題が解決しないので、また同じことが起こる可能性もある。

なので、ここはいったん、最悪の事態を想定します。

それで最悪、どうなるのか?

いろいろ困ることがあるでしょうが、その悪いことが引き起こすことを考えてみる。

考えてみて、書き出してみましょう。

そうなったらどうなるか。

書き出し終わったら、それを眺めて、もしそうなったら、それは受けいれよう、と覚悟を決めます。

この覚悟が大事です。というのも、そこで脳にスイッチを入れるためです。

これは良し受けいれよう、と自分で自分に言ってください。

そのとき、脳にスイッチが入ります。そして同時にすぐ活動を開始します。

では、こうならないために、何かできることはないのか?

新しい紙を出して、最低10個書き出しましょう。

人に相談する、というのであれば、誰に相談するかも考えましょう。

とにかく大事なことは、「行動する」のです。

脳は、ピンチを解決するために、行動するために、フルに活動します。

10個以上書き出せるのなら、どんどん書き出してください。書き出せるということは、すでに脳が動き始めているから、書き出せるのです。

続いて、この中で、まずできることを考えます。

順番をつけましょう。

良く、ここで大事なことから、という話が出ますが、大事なことは、なかなか動き出せないことが多いのです。まずすぐできることから始めます

メールやラインで、人と会う約束をする、でも良いでしょう。

実家に帰る電車の予約をしてもよいかもしれません。

すぐ帰れるな、と思ったら帰っても良いのです。

とにかくすぐ行動します。

そうすると、そこで実績が出来ますから、脳は次のことに動いていきます

次に何をやるか、段々見えてくるかも知れません。

この時点で、起こる最悪のことを書いた紙は破って捨ててください。

これもまた、脳に刺激を与えるので、さらに活動が活発化します。

あとは、この「できることリスト」にしたがって、活動をしていくと、「できることリスト」が自然に増えていきます。

脳が活動しているので、ここに集中すると、ペンが動くでしょう。

大事なポイントは

1)脳にスイッチを入れる
2)できることを書き出して、簡単なことから始める
3)できることリストを増やす

脳にスイッチをいれるために、起こる最悪の状況を予想し、受けいれ、そして、それが起きないために何をするかを考え、最悪の状況を書いた紙を破り捨てるのです。

これが陽転のメカニズムです。

で、達人達は、こんなことをすべて脳でやってしまうので、すぐに気持ちがポジティブに変わります。

ただ、最初のうちは、そうでもなかったはずなので、やはりそれなりに自分で解決方法を考えているうちに、だんだん練れてきて、即座に変わる方法を身につけたのでしょう。

脳にスイッチを入れる方法はいろいろありますが、脳が活動を開始すれば、それなりにいろいろなことができることがわかるので、あとはあなたの力を引き出しましょう。

実はあなたには凄い力が潜んでいるのがわかるでしょう。

これが潜在能力なのです。

なぜ、成功者は「運が良かった」というのか?

「あなたはどうして成功できたと思いますか?」
と聞かれた成功者の多くは
「私は運が良かったのだ」
という話をするそうです。

しかし、その人の経歴や若い頃の話を聞いてみると、決して運が良いとは言えないところが一杯出てくる。

いや、普通の人に比べても、決して運が良くないというか、ひどい場面に出会っていることが多いのです。

では、なぜ彼らは運が良かったというのか?

実は、ピンチの場面に遭遇したとき、彼らは「これは、何か起ち上がるヒントになる」と思っているのです。こんなに悪いことが起きたのだから、これを逆手に取ったら実は上手くいくのではないか?

そういう切り替えが出来ていたのです。

この切り替えのことを「陽転」と言います。

実はこれは脳の働きと密接に関連しているところがある。脳はつらいのは嫌です。しんどいことはもっと嫌いです。そういう場面に遭うと、活動を停止してしまう。

ところが、これをプラスに考えようとすると、実は脳はもっと活発に動こうとする。何かワクワクすることがあると、ドーパミンという物質が分泌されることは良く知られていますが、普通、辛い場面でドーパミンは出ません。

しかし成功者はこの場面で、「これは何かうまくいくチャンスだ」と考えているので、脳がそちらに動き始める。

だから成功者は悪いことに出会うと「運が良い」という気持ちになるのです。

まるでマゾ的な感じではありますが、しかし、そうなると、いろいろなことに挑戦できることは確か。

基本的に脳は悪いことについては、沈黙します。これはもう本能ですね。

元々脳は生存をするために、活発に行動できるように動いていくものなので、悪いことに対しては停止してしまうものなのです。

しかし、ここで陽転することができれば、あなたの脳はまた動き始めます。メンタルも積極的な思考に変わっていきます。

では、つらいのにどうやったら陽転できるのでしょうか?

その方法が実は存在しているのです。これを知っている人は多いと思うのですが、案外、実行されていないようなので、次回はそのお話をしたいと思います。